昔は王様が宝石の買取りを行っていたと言うこと

宝石の買取りは昔から行われていたことです。
宝石は昔から価値のあるものとされていましたし、今でも宝石で商売がされているように昔も同じように宝石で商売がされていました。
商売だけではなく、宝石を持っていることでその人の地位がわかったと言います。
例えば王様は宝石をできるだけ沢山手に入れるようにしていたと言われます。
それは、宝石を沢山持っていれば持っているほど富と権力を持っているという象徴になったのです。
確かに宝石を沢山持っていたら、見た目も綺麗ですしお金持ちという感じがします。
富の象徴というのにぴったりだと思います。
そして富を象徴できるということは、権力の象徴できるということなのです。
だから昔から宝石は王様に大人気のものでした。